最終更新ひどい、教師いじめ事件(2019.10.17)

スピリチュアルの知識を使って 明るく生きたい私の日記
スピリチュアルの知識を使って「自分を好きになりたい」
「自分に自信を持ちたい」と思っています。よろしくお願いします。

初めての方は こちらを必ずご覧ください  自己紹介 当サイトの趣旨 お問い合わせ  



 2019年  9月  10月  11月  12月

                   
201910
 無理にポジティブに考えなくていい(2019.10.3)
この世で最も過大評価されているもののひとつが、
プラス思考なのではないか。
プラス思考など本人が楽だというだけで、
真の気高さとは何の関係もない。
同じレベルの対となるマイナス思考の対極にいるだけのこと。
許せないときに許そうとしてしまうのは、一番の悪手(2019.10.4)
『自分をコントロールし”良い人”であれ。』という教えは
まだ人類の魂のレベルが低い時代の、前時代の教え。
現代の特に日本では、
その古い教えが魂の成長を妨げるというパラドックスに陥っている。
今必要な教えは…『自分を信じて派手にやれ!』
 
自分を扱うのがうまくなってきた(2019.10.4)
私は、私という表現物を輝かせるための表現者。
 
ブログを始めて半月経った(2019.10.10)
笑顔は、一番嘘の可能性が高い表情だ。 
絶望している時に自分を苦しめている犯人は、
絶望ではなく希望(2019.10.12)

嫉妬が、あれが欲しい、あれが欲しいと言う。
私は”あれがあっても幸せとは限らない”と言う。
嫉妬は言う。「お前の幸せが欲しいんじゃない、あれが欲しいんだ!」
引き寄せの法則に関しての私見と疑問(2019.10.13)
私たちは、
究極的には幸せになることを約束されている存在だと言える。
なぜなら私たちは最終的に魂の成長をして神様の元に還る存在だからだ。
そして、
もっと言えば私たちは元々、いや常に自分自身が神様なのだから、
今は自我の影響で”幸せなことを忘れているだけ”と言うことが
できる。
 
 ひどい、教師いじめ事件(2019.10.17)
いじめというものは、
被害者がはっきり「それはいじめだ」と言わない限り
エスカレートする。
そして、それは自分が被害者の場合も
加害者の場合も同様なのだ。



これほど「昔いじめられていた」と言う人が多い割りに、
「昔いじめていた」と言う人はいない。
「そりゃ昔いじめていたとは言わないだろう」
と思うかもしれないが、昔いじめていた人は神妙に
「昔いじめられていた」と告白しないだろう。
誰がいじめてた?
それほど脳というのは加害者意識を感じるのが難しいのではないか。